セフレと女性について考える

好きな相手ではなくても、一度や数回抱かれてしまうとその相手に感情を抱いてしまうのは女性はとくにあるかもしれません。
実は私もそうした女で、セフレに恋してしまっています。
セックスの関係から踏み込んでしまうことをしないほうがいいと、頭の中でわかっていても気持ちがその考えについていけなくなってしまいます。
セフレを好きではないという強い気持ちでセックスしても、結局優しくされたり尽くしてもらっていると感情が高まってしまいます。
そうした気持ちを自覚しながらセフレとの関係を続けていくのは、とても辛いものでもあります。
だって、これまでセフレとしての関係をもっていただけの相手とどうやっても恋人同士にはなりずらいし、きっかけもなかなかみつかりません。
ただ、今は彼に私の気持ちが知られていないのでしばらくこのまま感情は抑えていこうと思います。
彼の反応が怖いとうこともありますが、それでもこの先もっと気持ちが強くなっていったら最終的には気持ちを伝えようと思います。
結局好きになってしまうことで、セックスに対しても自由な感情が抑えられてしまうので以前よりもきもちいと感じるまえに、こうしたら嫌われてしまとか、もっと彼にも尽くしてあげようとか思うようになります。
これが恋愛のわずらわしさで、私が嫌いな感情だったのにまた同じことを繰り返してしまっているのですから笑ってしまいます。
セフレと交際することは、とてもハードルが高いものですがそれでも万が一うまくいったら本当に嬉しいことだと思います。
そしてその反面、もしかしたら彼がまた別のセフレを探してしまうかもしれないといった不安も大きくあることは事実です。
どうやったら自然に恋人同士になれて、交際中も不安なくやっていくことができるのでしょうか。
体の相性がいだけに、彼との関係をおわらせたくないのは本心です。
好きになった私が大負けですが、これだけ体を重ねているのだから少しは私にも気があることを願っています。

口コミで評判のセフレ検索サイトのランキング情報→せふれ ランキング